1432616806_1_7_d83778e453212e326c90aa48e430bd94
NHK「歴史秘話ヒストリア」に「宗三左文字」がでるようです!!
今、刀剣乱舞ファンの間で、「今週の『歴史秘話ヒストリア』は今川義元がテーマなのだから、所有物だった「義元左文字(宗三左文字)」が登場するのでは?」と話題になっているのをご存知でしょうか? 実際、「歴史秘話ヒストリア」公式サイトで視聴できる予告編にも、それらしき刀が見受けられます。

 
 果たして番組に宗三左文字は登場するのか……? 気になってやまないので、「歴史秘話ヒストリア」の番組プロデューサーに問い合わせてみました。

──5月27日放送の「歴史秘話ヒストリア」は今川義元がテーマとなっており、所有物だった「宗三左文字」が番組に登場すると話題に上っていますが、実際に登場するのでしょうか?

番組プロデューサー:番組の中で紹介するのは建勲神社所蔵の「刀 義元左文字」です。この刀は、もともと今川義元のものだったものを、桶狭間の戦いで勝利した織田信長が自らのものとし、終生、手元に置き続けました。いわば「天下人の刀」として、後に秀吉、家康の手へと渡りました。今川義元の志が天下人へと受け継がれたひとつの証として紹介しています。

 
 とのこと。どうやら登場することは間違いないようです。刀剣乱舞ファンは、是非ともこの機会に「義元左文字」もとい「宗三左文字」を目におさめてみてはいかがでしょうか? 今夜(5/27)の『歴史秘話ヒストリア』は、必見です!

 
■「歴史秘話ヒストリア」5月27日 22:00~放送回概要

 大河ドラマ等では織田信長の格好の“やられ役”今川義元。ダメ武将のイメージが濃厚だった義元だが、現在、歴史研究の場においては“先駆的な戦国大名”“有能な領国経営者”との評価に激変しつつある。

 その背景には、生涯の師であり、また友であった人物がいた。戦国一の軍師とも言われる太原雪斎だ。雪斎は、義元の家督相続や、最大のライバル・織田信秀(信長の父)との戦いでも、常に最前線で刀をふるい義元を支え続けた。二人三脚で戦国の世に挑んだ義元と雪斎の活躍で、今川家は日本有数の大名へと成長する。そして、さらなる高みを目指すため2人が目を付けたのが織田信長の支配する尾張の国だった。

 やがて戦国史上最も有名な戦い“桶狭間”に身を投じることとなる義元だったが、その直前、2人に予期せぬ別れが訪れる。今川義元とその師・太原雪斎の友情と別れの物語を軸に戦国の世を戦い抜いた今川義元の真実を描く。

●放送情報
2015年5月27日(水)22:00~
再放送:翌週水曜14:05~(お昼すぎ)
※放送時間変更や休止の可能性があります。
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1432616806